2018/04/02

広大教英のロゴマークを新設しました


本日から新年度です。

明日の入学式の下見のためか、キャンパスには親子連れがちらほら見えます。

さて、広大教英(広島大学教育学部英語教育学講座)は、新しいロゴマークを作りました。















もちろん形を作っても中身がなければなにもなりませんから、新年度の教育・研究活動をますます充実させます!

これからも広大教英をどうぞよろしくお願いします。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

教師が「スピーチをするときには聞き手とアイコンタクトを取ることや聞き手にわかりやすいよう大きな声でゆっくりと話すこと、また必要に応じて身振りをつけましょう」と指導することが言語と身体が分離している典型的な例だと思った

この記事も 前の記事 に引き続き、野口三千三氏や竹内敏晴氏の身体的言語論についての授業について学部生が書いてくれた予習書き込みを紹介します。 TYさんはいつも自分のことばに落としてから予習をしてくれる学生さんですが、 今回は野口氏と竹内氏についてだけではなく、ユマニチュー...