2023/02/06

教英D1生新美徳康さんの論文が国際雑の『Language Testing in Asia』に掲載されました!

少し前になりますが、教英D1生の新美徳康さんの論文が国際雑の『Language Testing in Asia』に採択されました。とてもうれしく思います。この度、新美さんに今回の論文掲載までのプロセスなどを振り返ってもらいました。他の学生さんも次に続いてほしいと思います。本当におめでとうございました!

 

 

 

この度、言語教育評価を主に扱う国際学術誌Language Testing in AsiaAssessing Japanese junior high school students’ English achievement through computer-based testing in the classroom: A case of integrated reading-into-writing continuous task.というタイトルの筆頭論文が掲載されました。この論文は、私たちが開発したコンピュータを活用したテスト(CBT)を日本の公立中学3年生に実施し、探索的な分析の結果、CBTが指導に直接つながる評価となる可能性を示唆した事例を詳細に報告したものです。本研究の着想から、計画、調査、学会発表、論文執筆、投稿、修正、論文掲載に至るまで約2年の道のりでしたが、一連のプロセスを11つやり遂げることができ大変嬉しく思います。今回は国際誌に投稿する経緯から論文掲載までの体験を少し振り返ってみたいと思います。

 実のところ、当初は、国際誌に投稿しようとは考えてもみませんでした。しかし、日本の全国規模の学会誌の査読で落ちるという経験と指導教員の先生の助言が国際誌に挑戦するきっかけとなりました。次に投稿する学術誌を検討するにあたり、自分自身の研究内容や用いている手法が、国内誌ではあまり相性がよくなかった可能性があることや、言語教育評価やテクノロジーの活用をscopeとして設定している学術誌に投稿した方が通る確率が高まることなどを指導教員の先生と議論しました。一方で、私は、国際誌は国内誌よりも敷居が高いというイメージを勝手に持っていました。Reviewerからの厳しいコメントで査読が通ることも難しいし、Editorの判断で査読に回ることさえも難しいということを聞いたことがあったためです。最終的には、指導教員の先生の後押しもあり、思い切って国際学術誌Language Testing in Asiaに投稿することを決断しました。

 前回査読で落ちたときにいただいたコメントをもとに修正を施したり、投稿する国際誌のAim & Scopeに合致するように論文構成を大幅に変えたりして、再び原稿を整えていきました。また、国際誌への投稿には、Editorに自身の研究の成果や意義を伝えるカバーレターを書く必要があるため、その作成にも時間を費やしました。国際誌は、国内学会誌とは手続きが全く異なり、いつでも自分のタイミングで投稿することができます。そのため、投稿する日時を自身で決め、忙しさを理由に先延ばしにならないように気をつけていました。その学術誌に合わせた書き方が思っていたよりも難しく、当初の予定よりも少し遅くなりましたが、無事論文投稿システムから原稿とカバーレターをEditor in chief宛てに送ることができました。

投稿後は、論文投稿システムでpeer-reviewedのプロセスを確認することもできました。例えば、Editorの判断で、論文が査読に回ると、Current statusSubmitted to journalからUnder reviewへと更新されました。Editorが論文を査読に回すまでの期間や、その後査読の結果が出るまでの期間の目安はその国際誌の情報欄に記載されています。私の場合は、投稿してから査読結果が届くまで約2カ月かかりました。

査読結果は幸運にもminor revisionで返ってきました。reviewer1人は好意的なコメントが多く、対応しづらい修正はほとんどありませんでした。一方で、もう1人のreviewerは大幅な修正が必要な箇所についてコメントを多く残していただきました。特に不明瞭な記述箇所や論拠が不十分な箇所については徹底的に指摘されました。すべてのコメントにそれぞれ適切に答え、さらに対応するそれぞれの修正箇所を論文中に色文字で示さなければなりませんでした。修正コメントをいかに論文に反映させるかは悩みました。さらにそれをすべて英語でやり取りしなければならなかったのも、日本語でさえ査読コメントに対する修正を行った経験のない私にとって困難なものでした。1カ月以内に再度修正したものを提出しなければならないということでかなりタイトなスケジュールでした。このように、修正にはかなり苦労しましたが、アクセプトの可能性が残されているという希望があったので、それを糧になんとか修正原稿を投稿することができました。

“I am pleased to inform you that your manuscript has been accepted for publication in Language Testing in Asia.”というアクセプトの通知が届いたのは修正原稿の投稿から約2週間後でした。その後、出版社側から1度だけ校正の機会をいただけました。その国際誌を扱う出版社用の論文フォーマットで自身の書いた原稿が表示され、論文投稿システム上で校正を行いました。この校正作業は数日間で終えなければなりませんでしたが、無事校正作業を終え、その後2週間後に出版されたという連絡が届きました。自分の論文が晴れて掲載されたことを、論文執筆でお世話になった方々に報告し、ともに喜んでいただけたときは本当にここまで続けてきてよかったと感じられました。

ここまで、投稿先を決めてから掲載に至るまで、私が経験したことをお伝えしました。あきらめずにここまでやれたのは、自分自身の研究成果を目に留めてくれるであろう世界中の英語の先生や英語教育の研究者の方、これまで自身の研究に携わっていただいた方、日々見守ってくださっている方に、なんとしても行き届けたいという強い気持ちを持ち続けることができたからだと思います。国際誌への投稿にチャレンジすることはハードルが高く感じるかもしれませんが、トライしてみることで、自身の論文の質の高まりが感じられ、これまでには見ることのできなかった景色を見ることができます。この体験記が国際誌への投稿を考えている皆さんの少しでも参考になれば幸いです。今後も慢心することなく、引き続き、児童生徒のための、教師のための英語教育研究に尽力します。

 

 

 

 

 

教英では、33日に松浦伸和先生の最終講義を計画しています。参加申し込みは不要です。どなたも大歓迎です。また、当日受付等もございません。多数の方のご参加をお待ちしております。詳細は以下のリンク先をご参照ください。

 

http://hirodaikyoei.blogspot.com/

http://dele.hiroshima-u.ac.jp/1289

 


2023/01/23

松浦伸和先生の最終講義が3月3日(金)に行われます

長年にわたり教英を支えてくださった松浦伸和先生が、20233月末をもって定年退職されます。とても寂しくなりますが、教英スタッフ一同、感謝の気持ちをもって松浦伸和先生を送り出したいと思います。つきましては、以下の日時と場所にて松浦伸和先生の最終講義を開催いたします。

 

日時:令和533日(金)午後3時から午後3時から(午後5時頃まで)

場所:広島大学教育学部K102(コロナの状況により教室が変更になる場合は、改めて周知いたします)

 

演題

「英語教育 たて よこ ななめ」

 

参加申し込みは不要です。どなたも大歓迎です。また、当日受付等もございません。多数の方のご参加をお待ちしております。

オンライン配信等はございません)





2023/01/10

新年あけましておめでとうございます!

連休も明けて、今日から日常が本格的に戻ってきている人が多いのではないかと思います。広大では、先週の金曜日から授業が再開し、一足先に通常モードが再開しています。

 

教英では4年生が卒業論文完成に向けて最後の追い込みをかけている時期です。これまでの研究成果をまとめて、満足のいく卒業論文を完成してもらえたらと思います。

 

受験生のみなさんはこれからとても大切な時期だと思います。どうぞ健康に気を付けて、これまでの学習成果を十分に発揮ください。

 

教英ではこれから以下の入試関連行事があります。

2月:前期日程入試

2月:大学院入試(博士課程前期・後期)




2022/12/17

留学中の教英生から

現在、イギリスのシェフィールド大学に留学中の教英生から生活の様子について紹介してもらいました。充実した毎日を送られているとのことで、とてもうれしいです。様々な経験をして、充実した留学にしてもらえたらと思います。



私は教英の3年生で、9月中旬から、イギリスのシェフィールド大学で留学生活を送っており、2月初頭まで滞在する予定です。こちらは、10月いっぱいでサマータイムが終わり、一段と冷え込んだり、日も1600ごろから落ち始めたりで、いよいよ冬になるなと感じています。本記事では、私の現在のイギリスでの生活について、紹介させていただきます。


まず、学校生活についてです。私は現在4つの授業を履修しています。留学生だけではなく、現地の学生も3から4つ程度の授業を履修しているようです。4つと聞くととても少なく感じるかもしれませんが、その分、求められている授業時間外学習の量がとても多いのが印象的です。私が履修している授業のひとつでは、毎週セミナー(先生と生徒が入り交じって議論をする、議論型の授業)にむけて23本の論文を読んでいく必要があります。見慣れない英語でいっぱいの論文を読むのにとても苦労し、心が折れそうになる時もありますが、自分なりに論文を理解してセミナーに臨めるように頑張っています。


授業が始まったばかりのころは、どの授業でも、先生や他の生徒の発言をほとんど聞き取れないまま、120分の講義が終わるというような感じでした。今も授業に置いていかれるときはよくありますが、友達に助けてもらったり、先生のオフィスアワーを利用させてもらったりして、ついていけるように奮闘しています。特に好きな授業はセミナー形式のもので、自由に意見を交えることのできる雰囲気の中で、先生も生徒も公平に議論を交わすのは、私にとって新鮮で刺激的な時間です。


授業が終わった後や、休日は、友達と料理を作って食べたり、勉強したり、旅行に行ったりしています。勉強は大変ですが、このような友達との時間のおかげで毎日リフレッシュができています。シェフィールド大学は留学生が多いことも特徴の一つであり、サークルでも授業でも、留学生が特別視されないため、留学生にとっては友達を作りやすい環境なのかなと思います。それと、初対面の人と話すのに敬語を使わなくてよいのも、友達を作るハードルを下げてくれているなと実感しています。

 

次に、日常生活についてです。私は大学の寮で、私を含めた6人のフラットメイトとキッチンを共有して生活しています。フラットメイトはドイツ、オランダ、香港から来ていて、正にリンガフランカとしての英語を体感しています。フラットメイトに恵まれて、みんなとても親切で、寮での生活に困難は感じません。強いて言えば、フラットでのルールについて、何か気づいたことがあるたびに、言葉にして共有するのは新鮮でした。私の場合は、まあいいかと飲み込んでしまうことが多いのですが、フラットメイトは都度メッセージアプリのグループで注意や意見を発信しているので、自分も思ったことは言っていいんだな、言わないと伝わらないんだな、と意識しています。


食事については、留学前は少し心配をしていましたが、全くの取り越し苦労でした。むしろ、スーパーで買えるチーズやバター、ソーセージ、パンなどがとてもおいしく、種類も多いので、帰国するまでにできるだけたくさん食べたいと思っています。また、フィッシュアンドチップスやサンデーローストなどのイギリス料理や、各国の民族料理などを楽しめる外食も、とても好きな時間です。


最後に、イギリスで生活をしていて日本での生活との違いを日々体感していますが、今記事ではその中で二点紹介させていただきます。まず、人々の振る舞いや距離感がとてもカジュアルであることです。レストランやスーパーの店員さんは、電話をしながら、ガムや飲み物を口にしながらなど、自由に働いている印象で、接客のときもフレンドリーに話してくれます。街や大学で会う人々も距離感が近いことが多く、お店の列に並んでいるときに、シェフィールドで生まれ育ったというご高齢の男性が話しかけてくださって、お話ができたのは良い思い出です。もう一点は、多様な民族的バックグラウンドを持った人々に、出会える機会がより溢れていること、またそのような多様性が人々の生活の中で受け入れられているなと感じることです。イギリスに来るまで日本を出たことがなかった私にとっては、イギリス人の友達はもちろん、欧米諸国やアジア各国から来ている人々と友達になってお話ができるのが、とても刺激的で、世界にはたくさんの国や様々な文化、言葉が本当に存在しているんだと感動する日々です。民族の多様性とは離れてしまいますが、多様性が受け入れられているなと感じたのは、どのレストランにもヴィ―ガンメニューが存在することで、先日見たテレビ番組では、罰ゲーム(オリジナルは虫をたべるというもの)にヴィ―ガン用の代替品が用意されていました。


日々新たな驚きや経験に恵まれ、充実した毎日ですが、楽しいだけで終わらず、経験や学びを将来に生かせるような留学にしたいです。また、留学での準備段階や留学中に大変お世話になった(なっている)教英の先生方や、いつも話を聞いたり励ましたりしてくれる教英の仲間たちに感謝の気持ちを忘れず、あと2か月強、目一杯経験を積んできます。

 


友人と


シェフィールド市庁舎



サンデーロースト



シェフィールドの街並み



広島大学では留学制度も整っています。今回記事を書いてくれた学生は半年の留学ですが、4年間で卒業することができます。ですので、安心して留学に行くことができました。みなさんも教英で学びつつ、留学も体験してみませんか。

 

教英ではこれから以下の入試関連行事があります。

 

2月:前期日程入試

2月:大学院入試(博士課程前期・後期)


2022/12/03

現職の英語教員を招いての英語教育セミナーを開催しました

中高の現職の英語教員をお招きし、主に教英の3年生と4年生を対象として、英語教師という仕事の実際についてお話してもらいました。

 

まずは瀧口真己先生(尾道市立久保中学校教諭)に登壇いただき、中学校での実践について、特にITCを使った活動を中心にお話いただきました。そして、ITCを使いながら、英語が苦手な生徒への関心を引き付けていくために日々実践されていること、そしてこのことに関して今感じている課題について話していただきました。瀧口先生はこの3月に教英を卒業されたばかりで、新任教師ならではの戸惑いについてもお話いただきました。また、教員になった今だからこそ感じる大学時代にやっておいた方がよかったことや教員採用試験に向けてどのように勉強したかといったことについても話してもらいました。すっかり英語教員になられていて、元チューターとしてとても頼もしく感じました。

 

続いて、水野麻子先生(広島県立広島国泰寺高校教諭)に登壇いただき、高等学校での実践についてお話いただきました。水野先生も教英のOGで、2年前に教英の大学院を修了されました。高等学校は現在年次進行で徐々に新学習指導要領での教育に切り替わっていっている最中です。今回は新しい学習指導要領下での英語教育を受けている高校1年生への授業実践を中心にお話いただきました。特に教科書を活用した活動事例を豊富にご披露いただきました。また、新しい観点別評価をパフォーマンステストの中で他の教員と協力してどのように実践しているかということやITCを使用した授業実践についてもお話いただきました。授業の風景についても見せていただき、高校生が一生懸命さの中で、でも楽しみながら自己表現をしようとしている姿を見せていただきました。

 

お二人の先生方への質疑応答の時間は長めに取り、教英生からの様々な質問に答えていただきました。「授業中に日本語はどれぐらい使っているのか」、「主体的に学習に取り組む態度の評価をどう行っているのか」、「書くことなどの活動で機械翻訳を使ってしまう生徒に対してどのように対応しているのか」、といった、気になるけどなかなか聞けないことについても具体的に話していただきました。

 

最後に、広島県立広島叡智学園中・高等学校長の福嶋一彦先生に「広島県の学校教育から思うこと~教職生活を振り返って~」という題目でご講演をいただきました。広島県立広島叡智学園中・高等学校は国際バカロレア認定校として開校し現在4年目ですが、これまでにどのような課題があったのか、そして最初の卒業生が出るまでにこれからどのようなことを整備しなければならないのか、といったことを具体的にお話いただきました。学校教育では、これからは、様々な文化的背景の人たちと一緒に協働して様々な課題を解決できる生徒を育成していかなければなりません。広島県立広島叡智学園中・高等学校のカリキュラムはまさにこれからの時代の学校教育の範となるべきものではないかと思いました。帰国子女ではない日本人生徒が様々な文化的背景の人と学友として共に学び、堂々と、そして充実した学生生活を送っている姿をVTRで見せていただきました。

 

教英生のみなさんは、英語教師という仕事、そしてその魅力についてこれまで以上に明確なイメージができたのではないかと思います。本当に有意義なセミナーとなりました。3人の先生方におかれましては、ご多用にもかかわらず、貴重なお話をいただきまして、本当にありがとうございました。

 

教英ではこれから以下の入試関連行事があります。

 

2月:前期日程入試

2月:大学院入試(博士課程前期・後期)

 



2022/11/18

卒業論文中間発表を行いました

少し時間が空いてしまいましたが、先日卒業論文の中間発表会を行いました。これまでの研究経過の報告と今後の見通しについて発表をしてくれました。3年生も参加してくれ、学生同士での質疑応答もなされていました。質問に答える姿も堂々としていて立派でしたよ!卒業論文はこれからいよいよ佳境です。ぜひ満足のいく論文に仕上げてもらいたいと思います。ちなみに、管理人のゼミ生の卒業論文題目は以下の通りです。

 

・英語学習におけるRPGの有用性についての検討

・外国語としての英語学習者における非母語話者の英語発音の理解度の分析:フィリピン英語・シンガポール英語・マレーシア英語を中心に

・句動詞の指導における認知言語学の活用

・英語の音声指導向上のためのカタカナジャズ・チャンツの提案

・英語授業における語用論的能力育成のための指導の研究:映画『Yes Man』を用いて

・高等学校用英語教科書における名詞構文の分析

・中学校における音と綴りの関係の指導についての検討:小中連携の観点から

・英語発音教育におけるチャンツの有用性について:ポンポン・メソッドによる教科書分析を通して

・中学校英語教科書における「断り」発話の語用論的分析

・英語の倒置法の指導についての提案


とてもバリエーションに富んでいます!


高校生のみなさん、教英で一緒に学びましょう!スタッフ一同、みなさんと教英で一緒に学べることを楽しみにしています!!楽しい先輩もみなさんを待ってます!

 

教英ではこれから以下の入試関連行事があります。

 

2月:前期日程入試

2月:大学院入試(博士課程前期・後期)





2022/11/05

「英語教育の最先端を知るオンラインセミナー」は大盛況のうちに終了しました

本日、広島大学ホームカミングデーの1企画として、神戸市立葺合高校教諭の宮崎貴弘先生を講師としてお迎えし、英語教育オンラインセミナー(「英語教育の最先端を知るオンラインセミナー」)を開催しました。昨年を大きく上回る人数の方に参加いただきました。今年も教育学部入学を目指す高校生、英語教員を目指す大学生、現役の英語教員、大学で教員養成にたずさわられている研究者と幅広い方にご参加いただき、大変盛況な催しとなりました。また、教英のOBとOGのみなさんにも多数ご参加いただきました。PC越しとは言え、こうして多くの方と一緒に英語教育について考える時間を持つことができ、大変うれしく思います。

 

宮崎先生には「英語って、教育なんだね」という題目で、特に生徒が英語を使いたくなるタスクとはどのようなものであるのか、実際の教室の様子をお見せいただきながら、講演いただきました。そのようなタスクを長期にわたって計画的に実施していくことで、英語が苦手な生徒が目に見える形で成長していく姿をお見せいただき、本当に驚きの連続でした。英語の授業では当然生徒の英語力を伸ばすことを中心にしなければなりませんが、このことばかりにとらわれてしまうと、人間教育としての重要な点を見落としてしまうかもしれないということも今回の講演の大きなメッセージであったと思います。

 

講演後のQ & Aでは、高校生や大学生の方からの熱心な質問が多くなされたこともとても印象的でした。主に現役の教員向けのセミナーに高校生も入ってもらうというのがこの企画の大きな特徴の1つですが、これから英語教員を目指すみなさんの熱心な姿に現役の教員や研究者もとても勇気づけられたことと思います。

 

最後になりますが、今回ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。また、貴重なお話を聞かせていただいた宮崎先生にも、心より御礼申し上げます。

 

教英ではこれから以下の入試関連行事があります。教英で一緒に英語教育について学んでみませんか。在学生、スタッフ一同みなさんと一緒に勉強できるのを楽しみにしています!

 

11月:広島大学光り輝き入試(AO入試)

2月:学部前期日程入試

2月:大学院入試(博士課程前期・後期)




教英D1生新美徳康さんの論文が国際雑の『Language Testing in Asia』に掲載されました!

少し前になりますが、教英D1生の新美徳康さんの論文が国際雑の『 Language Testing in Asia』 に採択されました。とてもうれしく思います。この度、新美さんに今回の論文掲載までのプロセスなどを振り返ってもらいました。他の学生さんも次に続いてほしいと思います。本当...