2018/04/10

学部新入生チューターの西原貴之先生からのご挨拶


管理人より:以下の西原先生の挨拶の掲載が遅れたことをお詫びします。本来は先週に原稿を頂いてすぐに掲載すべき挨拶でした。

*****

新1年生(30生)のチューターを務めます、西原貴之です。新1年生の[先週は]水曜日からガイダンスの連続でした。ガイダンスでは、大学での授業履修の仕方やカリキュラムはもちろんのこと、生活安全、教員免許取得までの流れなど、様々な説明を受けました。特に授業履修についてはかなり混乱したと思うのですが、上級生に助けてもらいながらみんなが時間割を組むことができ、大学での学習準備を整えることが出来ました。




第1週の最後には、教英恒例の対面式と歓迎会がありました。30生同士はもちろんのこと、先輩ともいろいろな話ができ、緊張もほぐれたのではないかと思います。

保護者の皆様、教英30生は元気に生活しております。すっかり教英にも溶け込んでおりますので、どうぞご安心ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

教師が「スピーチをするときには聞き手とアイコンタクトを取ることや聞き手にわかりやすいよう大きな声でゆっくりと話すこと、また必要に応じて身振りをつけましょう」と指導することが言語と身体が分離している典型的な例だと思った

この記事も 前の記事 に引き続き、野口三千三氏や竹内敏晴氏の身体的言語論についての授業について学部生が書いてくれた予習書き込みを紹介します。 TYさんはいつも自分のことばに落としてから予習をしてくれる学生さんですが、 今回は野口氏と竹内氏についてだけではなく、ユマニチュー...