2017/04/05

英国留学壮行会を行いました。


教英がエディンバラ大学と結んでいる独自の留学制度を利用して留学する新2年生の壮行会を本日開催しました。






教員一人ひとりが激励のことばを送りました。

また教育学部の学部長と支援室長からも激励のことばをいただきました。


学部長は英語で激励のことばを述べられました。


留学はもはや珍しいものではなくなりつつありますが、それでも人生を変えるような貴重な経験となりうるものです。

教英生がエディンバラの地で深く学んで帰国し、その学びをさらに展開してほしいと思います。

留学する皆さん、よい学びを!

日本に残る新2年生もしっかり学びますから!!


支援室長からは心のこもったことばをいただきました。





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

学習者を操作できるものとして捉えることで、その行為までも完全に予測できるものだという考えがあるのだろう

以下も学部3年生用の「英語教育とコミュニケーション」の授業の感想です。この回では、アレントの「複数性」の概念を取り上げました。   ***** ■ 私は今回話題にあがっていた「政治」を教師の「授業」に置き換えて考えてみました。そう考えると、「制作」...