大学が費用を一部補助する留学プログラムで二週間ニュージーランドに滞在した学部生の感想


広島大学が参加費用の一部を補助する短期留学プログラム(START)に参加した教英のMMさん(新2年生)が感想を寄せてくれましたので、ここに掲載します。

皆さんも、若いうちにどんどん世界を広げて下さい。




*****


 私はSTARTプログラムを利用して、3月に約2週間ニュージーランドに行きました。

今回は自分にとって、2回目の海外経験でした。前回の留学で、私は異国の地で萎縮してしまい、会話等に消極的になり、せっかくの成長の機会を自分で台無しにしてしまいました。

だから、今回はそんな自分を変えたい、違った世界を見てみたいと思い、参加しました。このような抽象的な理由だったけれど、事前の勉強会や先輩方のお話を通して、自分の目標や現地でのビジョンが、明確にできたと思います。

 実際に、現地では充実した2週間を過ごすことができました。英語はもちろん、式典に参加したりして、マオリ文化についても学び、ニュージーランドの多文化共生社会の側面に触れることができました。また、ホストファミリーとも一緒に出かけたり、存分に交流ができました。

たくさん失敗と成功を経験して、自分自身成長したと思うし、今後の学習のモチベーションも高まりました。

 このプログラムに関わって下さった、全ての方々に感謝しています。この経験をスタートとして、これからもステップアップしていきたいです。


コメント

このブログの人気の投稿

第2回英語教育小論文コンテスト -- 10代・20代の皆さん、英語テストのあり方についてご意見をください!

当たり前のことですが、こちらがある程度英語ができると認められると相手は手加減などしてくれません

7/22(日)に広島大学英語教育学会を開催します。対話の集い(英語テストのあり方)にはどなたでも無料で参加できます。