2016/08/25

全国英語教育学会(埼玉大会)では5件の発表をしました



先日行われた全国英語教育学会(埼玉大会)では、広大教英の4名の院生と1名の教員が口頭発表を行いました。



全国規模の学会では、日頃会えない人たちだけでなく、これまで会ったことがない人たちとも交流を深めることができます。面白い研究をしていれば、その研究を通じて、初対面の人たちともすぐに深い話ができるのが学会の面白さです。



研究は人々をつなげ、人々の間に連帯の力を生み出します。

現在高校生や大学学部生の皆さんもぜひ大学院での研究を目指してください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「私は上から指示されたマニュアル通りの指導しかできない大人が教師になってしまっていることが教育の商品化を進めてしまっていると思う」

 以下は教英学部一年生による授業予習書き込みの一部です。彼ら・彼女らが、日本の感覚からすれば「尖った」存在になってくれることを私としては願っています。 ***** 今、自分の周りにはたくさんの情報源がある。しかし、わたしは全くと言っていいほどそ...