2016/04/04

学部新入生オリエンテーションを行いました


教英講座での学部新入生オリエンテーションをK207教室で行いました。
最初は緊張気味だった新入生の顔も、集合写真を撮る頃には和らいでいました。
新入生のこれからの学生生活が豊かなものになることを切に願っています。


さまざまな資料の配布


講座主任(小野章教授)による挨拶


新入生チューター(深澤清治教授)による挨拶


授業履修に関する説明を熱心に聞く新入生





 先輩学生による諸行事の案内








0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

教師が「スピーチをするときには聞き手とアイコンタクトを取ることや聞き手にわかりやすいよう大きな声でゆっくりと話すこと、また必要に応じて身振りをつけましょう」と指導することが言語と身体が分離している典型的な例だと思った

この記事も 前の記事 に引き続き、野口三千三氏や竹内敏晴氏の身体的言語論についての授業について学部生が書いてくれた予習書き込みを紹介します。 TYさんはいつも自分のことばに落としてから予習をしてくれる学生さんですが、 今回は野口氏と竹内氏についてだけではなく、ユマニチュー...