2017/07/26

梅木璃子さん(M2)が第15回国際語用論学会(IPrA, Belfast NI)でポスター発表


 博士課程前期2年(M2)梅木璃子さんが、7月16日~21日に北アイルランド・ベルファストにあるベルファスト・ウォーターフロントで開催された第15回 International Pragmatics Conferenceでポスター発表を行いました。



タイトルは次のとおりです。


July 20, 5-4 - Riko Umeki & Seiji Fukazawa,
The Speech Act Realization of Complaints in L1 and L2 by Japanese Learners of English


 今回の大会テーマはPragmatics in the real worldで、毎日5セッションに分かれて午前8時30分から午後6時45分まで22会場で世界各地から集まった研究者による発表が一日300件以上行われました。梅木さんの発表にも各国からの研究者、大学院生が次々に訪れ、貴重な情報交換ができました。

深澤清治

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

教師が「スピーチをするときには聞き手とアイコンタクトを取ることや聞き手にわかりやすいよう大きな声でゆっくりと話すこと、また必要に応じて身振りをつけましょう」と指導することが言語と身体が分離している典型的な例だと思った

この記事も 前の記事 に引き続き、野口三千三氏や竹内敏晴氏の身体的言語論についての授業について学部生が書いてくれた予習書き込みを紹介します。 TYさんはいつも自分のことばに落としてから予習をしてくれる学生さんですが、 今回は野口氏と竹内氏についてだけではなく、ユマニチュー...