2017/02/09

翻訳あそび: Captain America と The Catcher in the Rye

今回で翻訳あそびも一巡しました。6人で遊んでいるのですが,1回につき一人が題材を選んできたためです。


今回(6回目)のお題は二つです。


(1)ひとつ目はキャプテン・アメリカの翻訳です。

次のような疑問が出ました。「キャプテン・アメリカは誰に向かって言ってるんだろう?想定された少年?鏡に映っている自分自身に向かって?」



翻訳者K

世間が何と言おうと構わない。
周囲がクロをシロとしても関係ない。
この国じゃ,やるべきことは1つだけ。
それは,余計なことは考えず,自分の気持ちに従って行動することさ。
みんなが,「お前は間違っている」と言ってきたら,胸張ってこう言い返すんだ。
「いや,お前らが間違っているんだよ。」


翻訳者M

マスコミや政治家が何と言おうが関係ない。
奴らの牛耳るこの国が黒を白と言ったって関係ない。
それがどうであれ,己の正義に従え。
私たちはそう誓ったはずだ。
奴らに何を言われようが,信じたものは手離すな。
言われたなら「黙ってろ」と言ってやれ。


翻訳者T

新聞が君に何を教えてくれる?
政治家が,群衆が,君に何をしてくれるというのだ。
この国が今,岐路に立っていようなどと,君は考える必要もない。
このアメリカは,奴らの遠く及ばない崇高な信念によってつくられた。
がむしゃらに己の信じる道のために立ち上がった者たちによって。
時に奴らが君に向かってこう言うさ。「たのむ,力をかしてくれ。」
そんなとき,君の仕事はただ1つ。真実の川の堤の上で,あの木のようにどっしり構え,奴らにこう言ってやるのさ。
「よせ,お前が蒔いた種だ。」


翻訳者N

メディアの報道など知ったことか。
己の利得しか追い求めぬ政治家や,扇動された群衆の言うこともどうでもよい。
まして,この国全体が黒を白だと判断を下しても,俺たちには関係ない。
俺たちの祖国は,あるひとつの信念の上に建国された。「たとえ追いつめられようと,結果がどうなろうと,己の信じるものを守れ」という信念だ。
群れるだけの連中や,メディア,そして全世界が君の理想を否定し,自分たちに従うよう命令してきたとしよう。君のなすべきことはただひとつだ。真実の川のほとりにそびえる木の如く根を張り,己の信念のもと,こう言ってやれ。
「断る。お前が俺に従え。」


翻訳者H

報道機関が言うことなんて放っておけ。国をうごかすやつらや物見高いやつらの言うことに耳をかすな。母国がそうだと決めたからって,それが本当に真実なのか。
この国は国民のもつ,ある際立った信条によって支えられているのだ。
それはつまり,後からついてくるものになど目もくれず,自分の信じて疑わないものをつらぬくことの必要性だ。
やつらはお前に言うだろう。「お前は邪魔だ」と。だが,お前がなすべきことは,自分の信条を胸に抱き,そこから一歩もしりぞかないことなのだ。そしてやつらにこう言ってやれ。
「邪魔をするな,そこをどけ。」


翻訳者O

マスコミも,政治家も,下々(しもじも)の奴らも全部無視だ。
たとえ国中が黒を白だと言い張ったところで,無視すりゃいい。
この世で大切なのは,結果を恐れず,己(おのれ)の信念を貫くことだけだ。
もし世界中の奴らから「動け」って指図されても,真実の川のほとりに立つ木よろしく,その場を動かないことだ。逆に世界に言ってやれ,「動くのはお前の方だ」と。


翻訳者Y

マスコミが何を言おうとも、表や裏の権力者が何を言おうとも、そんなことは関係ない。
たとえ、すべての世論が虚偽を正しいと信じこんでいても、そんなことは関係ない。
アメリカがアメリカであるのは、他でもない、たった一つの筋が通っているからだ。
どんな困難や結果にぶつかろうとも、自分が信じていることのために立ち上がる。これだけだ。
裏社会の権力者とマスコミが、いや全世界が、「お前、どけ」と言おうとも、お前は筋を通せ。
真実の川のほとりに立つ木のようにまっすぐ立て。そして全世界に対して言い放て。
「断る。お前らこそ、どけ」と。




(2)ふたつ目は,米作家J. D. Salingerの小説The Catcher in the Ryeのタイトルの翻訳です。





O『麦畑で追っかけっこ』

K『もし僕がライ麦畑で捕まえたなら』

T『たった一人のお兄さん』

M『ライ麦畑の保安官』

N『ライ麦畑の子守番人―子どもたちを見守って』

H『若きライ麦』

Y『ライ麦畑で君を守る』







0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「私は上から指示されたマニュアル通りの指導しかできない大人が教師になってしまっていることが教育の商品化を進めてしまっていると思う」

 以下は教英学部一年生による授業予習書き込みの一部です。彼ら・彼女らが、日本の感覚からすれば「尖った」存在になってくれることを私としては願っています。 ***** 今、自分の周りにはたくさんの情報源がある。しかし、わたしは全くと言っていいほどそ...