2017/02/17

教英追いコンは最高に楽しかったです!


本日、今年度の卒業・修了予定者を送るための追いコンが開催されました。

私は教員としてこのような挨拶をしましたが、後は、もう無礼講というかなんというか、最高に楽しい時間でした。



二年生と三年生は、卒業・修了予定者のための動画を作って、会場ではそれが披露されたのですが、それがもう面白い。



画像としてのクオリティも高く、各教員も決して外では見せることがないおちゃらけをやっていました(笑)。




それに対して送られる方を代表して学部4年生有志がコントをやったのですが、それも抱腹絶倒でした。



こんなに楽しい時間を作れる教英生を私は誇りに思っています。



私はカメラマンとして487枚の写真を撮りましたが、撮影中はとても幸せでした。皆さんの幸せな顔を撮るのはカメラマンの喜びです(写真は、学生さんにダウンロードできるようにしました)。



追いコンを企画してくれた準備委員の学生さん、参加してくれた学生さん、みんなありがとう!








0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

教師が「スピーチをするときには聞き手とアイコンタクトを取ることや聞き手にわかりやすいよう大きな声でゆっくりと話すこと、また必要に応じて身振りをつけましょう」と指導することが言語と身体が分離している典型的な例だと思った

この記事も 前の記事 に引き続き、野口三千三氏や竹内敏晴氏の身体的言語論についての授業について学部生が書いてくれた予習書き込みを紹介します。 TYさんはいつも自分のことばに落としてから予習をしてくれる学生さんですが、 今回は野口氏と竹内氏についてだけではなく、ユマニチュー...