2017/05/24

教英大学院を修了した淀川幸子先生が文部科学大臣優秀教職員表彰を受けました。


以下は、教英の大学院を修了され、平成28年度に文部科学大臣優秀教職員表彰を受けられた淀川幸子先生(現広島県立広島高等学校教諭)からのメッセージです。

淀川先生、おめでとうございます!



******

平成21年4月から23年3月まで広島大学大学院教育学研究科でお世話になりました淀川幸子です。当時高度化プログラムに所属しておりました。在学中は,深澤教授のゼミに所属しており、様々な教授,准教授,学生の皆さんに助けられながら,附属三原中学校でのアクションリサーチ教育実習などで,教育の原点に返るとともに,最新の英語教育を実践的に学ばせていただきました。

 昨年度文部科学大臣優秀教職員表彰を受けることができたのは,広島大学大学院での2年間のお陰です。大学院修了後も,広島県のエキスパート研修で,再び深澤教授のご指導の下,研究をしたり,樫葉准教授とゼミ生に授業参観していただいたり,当時大学院生だった西中村貴幸さんの実習を一年間引き受けることができたりと,何かと縁を感じております。

 さて,今,つくば市の教職員支援機構にて,英語教育推進リーダー中央研修に参加しております。この研修では,大学院時代の先輩である(年は私が先輩)堀田りえさんとご一緒しております。なんというつながりでしょう!本当に広島大学での出会いが一生の宝であると感じており,このつながりをこれからも大事にしていきたいと考えております。




*****




お知らせ

10代・20代の皆さん、
英語教育を変えるための提言をしてください! 
英語教育小論文コンテストを開催します。
締切は約一ヶ月後の6/23です。






また、このコンテストの授賞式
最優秀論文に基づく対話の集い
7/23(日)
公開企画として開催します。
ぜひお越しください!







0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「私は上から指示されたマニュアル通りの指導しかできない大人が教師になってしまっていることが教育の商品化を進めてしまっていると思う」

 以下は教英学部一年生による授業予習書き込みの一部です。彼ら・彼女らが、日本の感覚からすれば「尖った」存在になってくれることを私としては願っています。 ***** 今、自分の周りにはたくさんの情報源がある。しかし、わたしは全くと言っていいほどそ...