2017/05/19

教英生が米国ウェスタン・カロライナ大学学部生とスクラブルで交流

以下、深澤清治先生からの報告です。

教英は積極的に外部との交流を図っています!





*****


5月19日、アメリカ・ノースカロライナ州にあるウェスタン・カロライナ大学から学部生6名と日本語プログラムの小野由美子先生が広大を訪問し、教英学部生や教員と交流を持ちました。

学生によるキャンパスツアーのあと、C-620教室で一緒にスクラブルなどを楽しみました。時には教英学生がアメリカ人学生に英単語を教える場面もあり、和やかな雰囲気で楽しい時間を過ごしました。

西日本3大学コンソーシアム留学制度によって、教育学部生はノースカロライナ州の3大学に半年~1年間留学できます。ふるって応募してください。



*****




お知らせ

10代・20代の皆さん、
英語教育を変えるための声をぜひきかせてください! 
英語教育小論文コンテストを開催します。
(執筆言語は日本語です)
締切は6/23です。
ぜひご応募をお願いします!!!










0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

教師が「スピーチをするときには聞き手とアイコンタクトを取ることや聞き手にわかりやすいよう大きな声でゆっくりと話すこと、また必要に応じて身振りをつけましょう」と指導することが言語と身体が分離している典型的な例だと思った

この記事も 前の記事 に引き続き、野口三千三氏や竹内敏晴氏の身体的言語論についての授業について学部生が書いてくれた予習書き込みを紹介します。 TYさんはいつも自分のことばに落としてから予習をしてくれる学生さんですが、 今回は野口氏と竹内氏についてだけではなく、ユマニチュー...