2017/05/25

7/23(日)の実践研究発表会での発表者の募集





本年度の「広島大学英語文化教育学会」(平成29年7月23日開催)において,実践研究発表会を予定しております。

会員(広大教英の卒業生・修了生)の中から広く発表者を募りますので,日頃の教育実践の成果等をぜひご披露ください。

なお,発表を希望される方は,下記連絡先宛てに6月26日(月)までにお申し出ください。



<連絡先>
〒739-8524 東広島市鏡山1-1-1
広島大学教育学部英語教育学講座  
樫葉みつ子
e-mail:mkashiba @hiroshima-u.ac.jp  
tel/fax: 082-424-6791




*****




お知らせ

10代・20代の皆さん、
英語教育を変えるための提言をしてください! 
英語教育小論文コンテストを開催します。
締切は6/23です。






また、このコンテストの授賞式
最優秀論文に基づく対話の集い
7/23(日)
公開企画として開催します。
ぜひお越しください!










0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

教師が「スピーチをするときには聞き手とアイコンタクトを取ることや聞き手にわかりやすいよう大きな声でゆっくりと話すこと、また必要に応じて身振りをつけましょう」と指導することが言語と身体が分離している典型的な例だと思った

この記事も 前の記事 に引き続き、野口三千三氏や竹内敏晴氏の身体的言語論についての授業について学部生が書いてくれた予習書き込みを紹介します。 TYさんはいつも自分のことばに落としてから予習をしてくれる学生さんですが、 今回は野口氏と竹内氏についてだけではなく、ユマニチュー...