2016/12/06

公開講座「教育系英文学術誌の査読 編集者は何を見て、何を評価しているのか?」(12/21 広島大学中央図書館)

下記の催しが開催されます。どなたでもご入場できますので、ふるってご参加ください。







0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

学習者を操作できるものとして捉えることで、その行為までも完全に予測できるものだという考えがあるのだろう

以下も学部3年生用の「英語教育とコミュニケーション」の授業の感想です。この回では、アレントの「複数性」の概念を取り上げました。   ***** ■ 私は今回話題にあがっていた「政治」を教師の「授業」に置き換えて考えてみました。そう考えると、「制作」...