2018/03/16

教英15の江澤隆輔先生が二冊目の著書『中学英語ラクイチ授業プラン』を出版!


以下は、教英OBからの心強いメッセージです!ますますのご活躍を祈念しております!!

*****

 先日、明治図書出版社様から『中学校英語サポートBOOKSテーマ別英作文ドリル&ワーク』出版のお知らせをさせていただいた教英15の江澤隆輔と申します。このたび、学事出版株式会社様から拙著2冊目『中学英語ラクイチ授業プラン』を発売することとなりましたので、この場をお借りして報告させていただきます。




この「ラクイチシリーズ」は先日、日本アクティブ・ラーニング学会から非ICT部門で金賞をいただいており、対話的で深い学習を大いに期待できるものと確信しております。また、関西大学の田尻先生、富山高等専門学校の楽山先生のアドバイスもいただきながら執筆しました(3月末のワークショップで、直接田尻先生に本書をお渡しする予定です)。ぜひ、この記事を読んで、本書を少しでも知っていただけたらなと思います。

 この本は、「ラクに楽しくイチ時間(ラクイチ)」をコンセプトにした、これまでにないタイプの授業プラン集です。ラクイチ国語、社会に続いて、シリーズ第3弾になります 。

 教師生活をしていると、明日の授業準備が追いつかない、次の1時間を何とか乗り切らなければならない、といったピンチに陥ることがあります。その原因は様々ですが、急に授業の代行をお願いされた、部活や行事の担当で忙しい、試験実施直後で採点業務と並行している、生徒指導に時間を取られてしまった、などの理由があります。教員として採用された直後は、どの単元も初めて教えることになるので、授業準備が追いつかないことが私は多々ありました。そんなとき本書のようなプラン集が本当に役に立つと思います。

 本書で紹介している「ラクイチ授業プラン」では、準備の手間が少なく、様々な切り口から1時間を実りあるものにできる授業プランを50本集めてあります。ラクイチ英語では各学年で使用できるプランと、全学年で使用できるプランで4つのパートに区分けして収録しました。この50本のプランは、福井県の中学校英語教員4名(10年ほど前に教英の大学院にいらした橋本秀徳先生にも協力してもらいました)の先生方にお声がけし、指導案とワークシートを持ち寄り、1年以上にわたり議論・校正を重ねたものです。


そんなラクイチ授業プランの条件は以下の3つです。

1.1時間で完結する
2.準備に時間がかからない
3.誰でも実践できる

この授業プランは、単に急場をしのぐだけではなく、もっと積極的な使い方もできると考えられます。例えば、教科書での学習を終えた後に発展課題・まとめや理解の確認として活用する、研究授業や体験授業会のときに実施する、クラスの学習意欲が下がっている時に気分を変えるために取り入れる、等、様々な場面で応用的に使うことができます。

さらに、それぞれの授業プランを素材(ソフト)と学習活動(ハード)の組み合わせとして表現してあります。それらの項目を入れ替えていくことで、新たな授業プランを発想することが可能です(発想を手助けするために、巻末にカードを付けてあります)。教職に就く予定の大学生・大学院生の方々にとって、このカードを使って授業を考えてみることは採用試験の模擬授業等に向けた良いトレーニングになるでしょう。また、カードをトランプのように重ねて、引いた素材(ソフト)と学習活動(ハード)を組み合わせて、即興的に授業を生み出すようなトレーニングも考えられます。このトレーニングのやり方に関しては、動画にしてYouTubeにアップしています(「ラクイチ」でYouTube検索をすると1分から2分程度の動画が4本出てきますので、参照してください)。

本書の役割は、主に2つに分けることができます。

1つは、「非常食」としての役割です。普段は職員室に置いておき、いざ時間がない、となればこの本を開いて、使えそうな授業プランを探してみてください。何かヒントが見つかるはずです。また、いくら急場をしのぐプランとはいえ、先生も生徒も笑顔で1時間を過ごし、授業のねらいが達成できるならば、それに越したことはありません。そのような気持ちで著者一同執筆しています。いわば「おいしい非常食」を目指したつもりです。また、収録したワークシートを先生方好みに「マイナーチェンジ」できるように、出版社(学事出版株式会社)のHP(http://www.gakuji.co.jp/)からすべてのワークシートを無料でダウンロードできるようにしてあります。

もう1つは「レシピ集」としての役割です。本書に載せている授業プランは、あくまで一例です。掲載された事例を参考にしながら、さらにアレンジを加えることができます。また、ソフトとハードの組み合わせを変えて、全く新しい料理(授業)を創作することも可能です。ぜひ挑戦してみてください。

生徒に英語の力をつけることはもちろん大切ですが、先生が授業を楽しむことも大切だと考えています。本書を通じて、忙しくも充実した毎日を送っておられる先生方が楽しく授業を進めるためのお手伝いができればと思います。また、本書を柳瀬先生に贈呈させていただきました。それに併せてチラシをお送りいたしますので、本書とともにご覧になっていただければ幸いです。

*書店の店頭に並ぶのは3月下旬を予定していますが、学事出版HPからなら現在注文・送付が可能です(送料無料)。ぜひ、お時間あるときにご覧ください。



ラクイチ授業研究会英語科代表 
福井県坂井市春江東小学校 江澤 隆輔 



*****

追記
江澤先生の『中学校英語サポートBOOKSテーマ別英作文ドリル&ワーク』は、すでに重版になったそうです。すごい!



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。