2017/01/20

教英イギリス留学プログラム説明会を行いました

本日、業者の方に来ていただき、教英イギリス留学プログラムに関する手続き等の説明会を行いました。



平成2年にスタートしたこのプログラムには、これまでおよそ600名の教英生が参加してきました。さまざまな留学プログラムの中でも、長年の実績があるプログラムだけにいろいろな知恵が集約されています。

今回は、エジンバラ大学に11名の学生(新2年生)が留学を行います。これから留学に向けて本格的に準備をしていくことになります。様々な体験をして、大きく成長して帰って来てくれることを期待しています。




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

教師が「スピーチをするときには聞き手とアイコンタクトを取ることや聞き手にわかりやすいよう大きな声でゆっくりと話すこと、また必要に応じて身振りをつけましょう」と指導することが言語と身体が分離している典型的な例だと思った

この記事も 前の記事 に引き続き、野口三千三氏や竹内敏晴氏の身体的言語論についての授業について学部生が書いてくれた予習書き込みを紹介します。 TYさんはいつも自分のことばに落としてから予習をしてくれる学生さんですが、 今回は野口氏と竹内氏についてだけではなく、ユマニチュー...