2018/06/08

「最強の読書会」毎週金曜の昼休みに学生プラザ一階で開催


この度「最強の読書会」が始まります。

これは、毎週金曜の昼休みに学生プラザ一階で開催するもので、知識と友人を増やすことを目的としています。




主催者は総合科学部の学部1年生の廣瀬詠太郎君です。

私は「今年は『昼読』をやらないのですか?」という問い合わせをこの廣瀬君から受けて、彼の存在を知りました。

昼読は、管理人の多忙により今年は開催を断念していたのですが、「今年はやりません」とだけお答えするのもそっけないと思い、一度、彼とお茶を飲んだところ、非常に優秀かつ意欲的な学生さんだったので私の方が驚いたぐらいです。

SNSの浸透により、私たちの読書習慣はますます廃れようとしています。

ひょっとしたら多くの学生さんにとって自発的読書とは、何らかの刺激がない限りやらないものになってしまっているのかもしれません。

広大生の皆さん、ぜひご参加ください!




*****



【締切は6/30です!】


第2回英語教育小論文コンテスト
10代・20代が考える英語テストのあり方


最優秀者には図書券一万円を贈呈の上、
広大教英学会シンポジウムにご招待!

締切:2018年6月30日(土)





チラシ画像をクリックすると拡大します。
チラシ画像のPDF版ダウンロードはここをクリックしてください。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「私は上から指示されたマニュアル通りの指導しかできない大人が教師になってしまっていることが教育の商品化を進めてしまっていると思う」

 以下は教英学部一年生による授業予習書き込みの一部です。彼ら・彼女らが、日本の感覚からすれば「尖った」存在になってくれることを私としては願っています。 ***** 今、自分の周りにはたくさんの情報源がある。しかし、わたしは全くと言っていいほどそ...