2017/12/27

広島大学の広報誌 HU-plus に、こうの史代さん(『この世界の片隅に』)が登場



広島大学の広報誌 HU-plusの最新号をここから閲覧することができます。形式はデジタルブックかPDFファイルです。



今回の号は、『この世界の片隅に』で一躍有名になった漫画家のこうの史代さん(広島大学理学部1987年入学)のインタビューを掲載しています。




昔からこうのさんの漫画のファンであった管理人としては、広大広報誌がようやく彼女のことを取り上げてくれて嬉しい限りです。

平和を考える教材として、彼女の作品はすばらしいのではないでしょうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

教師が「スピーチをするときには聞き手とアイコンタクトを取ることや聞き手にわかりやすいよう大きな声でゆっくりと話すこと、また必要に応じて身振りをつけましょう」と指導することが言語と身体が分離している典型的な例だと思った

この記事も 前の記事 に引き続き、野口三千三氏や竹内敏晴氏の身体的言語論についての授業について学部生が書いてくれた予習書き込みを紹介します。 TYさんはいつも自分のことばに落としてから予習をしてくれる学生さんですが、 今回は野口氏と竹内氏についてだけではなく、ユマニチュー...