2018/08/03

広大教英生の教員志望者の87%が、卒業後すぐに教員正採用!(2018年データ)


今年は8/21(火)と22(水)に、広島大学の魅力を受験生に知らせるオープンキャンパスが開催されます。


広島大学オープンキャンパス2018

広島大学オープンキャンパス2018デジタルパンフレット


「広大教英」のプログラムは教育学部K108講義室で、両日ともに2回に分けて行われます(12:00-13:20と13:40-15:00)

教育学部プログラム

教育学部周辺地図(広島大学作成)

教育学部 (Google Maps)


今年担当する教員は、樫葉みつ子先生(両日)と松浦伸和先生(8/22のみ)です。教英の学生さん(学部生・院生)も二日間で6名参加し、広大教英のよさを学生さんの声でお伝えします。

管理人はその準備資料を作っていたのですが、改めて今年の3月に卒業した学部生の資料をまとめてみると、広大教英生の教員志望者の87% (15名中13名)が、卒業後すぐに正採用の教員として働いていることが確認できました。




2010-2018年のデータを見ましても、平均で66%の割合で卒業後すぐに正採用教員として働いていますが、その中でも今年卒業した教英生は一番の「一発合格」率を示しました。
これはどこに出しても恥ずかしくない数字だと思っています。



もちろんこういった数字だけが大切なのではなく、もっと大切なのは卒業後の教英生がそれぞれの場所で幸せな人生を送ることです。

広大教英としては、こういった数字を気にしながらも、大学教育の本質を大切にした教育活動をしようと思っています。

広大教英にご興味のある高校生・浪人生はぜひオープンキャンパスにお越しください。

広島大学は文字通り「広大」ですので、初めて来る方はどうぞ上の地図で場所をご確認ください。


ただ、残念ながら現在、まだJR山陽本線はまだ完全復旧していません。広島大学へのアクセスの最新情報は、以下のページなどでご確認ください。


広島大学への交通アクセス










0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「私は上から指示されたマニュアル通りの指導しかできない大人が教師になってしまっていることが教育の商品化を進めてしまっていると思う」

 以下は教英学部一年生による授業予習書き込みの一部です。彼ら・彼女らが、日本の感覚からすれば「尖った」存在になってくれることを私としては願っています。 ***** 今、自分の周りにはたくさんの情報源がある。しかし、わたしは全くと言っていいほどそ...