2017/09/13

グリーン・ウィング教育奨学金は、広島大学大学院教育学研究科、教育学部および特別支援教育専攻科の学生を対象として、学生の海外経験を支援しています。

このたびグリーン・ウィング教育奨学金のポスターができましたので、大学事務局の許可を得て、ここに掲載します。


グリーン・ウィング教育奨学金は、大学院教育学研究科、教育学部及び特別支援教育特別専攻科の学生を対象に、海外留学や海外での国際学会発表等を支援しています。

この奨学金制度は、一般社団法人グリーン・ファミリー代表理事 松尾 聰氏からのご寄附により設置されたものです。

この奨学金で海外での国際学会発表をしたり海外留学をした大学院生・学部生を私は何人も知っています。その誰もが、視野を広げ考え方を深くしていますので、私個人としても、この場を使って松尾 聰への深い感謝の念を表明させていただきます。

ブログ読者の皆さんも、ぜひグリーン・ウィング教育奨学金で世界を広げてください!



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

教師が「スピーチをするときには聞き手とアイコンタクトを取ることや聞き手にわかりやすいよう大きな声でゆっくりと話すこと、また必要に応じて身振りをつけましょう」と指導することが言語と身体が分離している典型的な例だと思った

この記事も 前の記事 に引き続き、野口三千三氏や竹内敏晴氏の身体的言語論についての授業について学部生が書いてくれた予習書き込みを紹介します。 TYさんはいつも自分のことばに落としてから予習をしてくれる学生さんですが、 今回は野口氏と竹内氏についてだけではなく、ユマニチュー...