2021/06/17

博士課程所属の学生の論文が国際誌に掲載されました

現在博士課程に在学中のKriss Langeさんの共著論文が、Studies in Second Language Learning and Teaching (SSLLT)に掲載されました。Krissさんは、International Review of Applied Linguistics in Language Teaching (IRAL)でも近日中に論文が掲載予定です。Krissさんは、日本人英語学習者がリスニングが苦手である要因として、機能語(代名詞や前置詞など文法的な働きをする語)の聞き取り能力に着目し、その関係性について研究をしています。このたび、SSLLTに掲載されるまでのプロセスについて記事を書いてもらいました。国際誌への投稿を考えている人にはとても有益な情報だと思います。ぜひ参考にしてください。


Two Long Years to Get Published

By Kriss Lange

 

I’m a graduate student in the doctoral program at Hiroshima University and in this blog post I’ll try to describe the experience of publishing my research article, “Exploring the relationships between L2 vocabulary knowledge, lexical segmentation, and L2 listening comprehension” in the online journal, Studies in Second Language Learning and Teaching (SSLLT). The researcher who co-authored this paper with me, Joshua Matthews, is much more experienced than I am at writing and publishing research so his advice and support was very helpful. I hope to share some of this information with you. We opted for a free online journal because we hoped the article would be more accessible there. Checking the following website for the SJR number (or impact factor) of the journal is helpful when decided where to submit to (https://www.scimagojr.com/journalrank.php?category=3310). The journal SSLLT currently has a SJR rank of 1.37. The time from first submitting the article to publication in the journal took about 2 years.

We first submitted the paper on the 8th of November 2018 to the SSLLT journal’s website. The submission guidelines were checked to make sure the paper was under 8,000 words and the abstract was 150-200 words etc.. After creating an account on the journal’s website, I uploaded the manuscript, three appendices and a cover letter to the submission portal. We received the first round of feedback from two reviewers in early June 2019. I probably wrote to ask for status updates every 3 months or so. I didn’t write more often because I didn’t want to bother the editor too much. The journal was updating its website at that time and I was also concerned that our manuscript had been lost somehow. I’m still not sure why the first round of responses from the reviewers took long.  

The two anonymous reviewers for our study each sent a list of about 20 comments in a word document. The reviewers indicated the location that these comments referred to in the manuscript by page and line number. In a new “Response to reviewers” document, I first wrote a short message thanking the reviewers for their helpful comments. Then, I gave each reviewer’s comment a number and tried to politely and thoroughly respond to each one. If the manuscript was changed based on the reviewer’s comment, I indicated the change with colored text in the new revised manuscript and also in the “Response to reviewers” document with the location indicated by page number and line number. In addition to various other revisions to the manuscript, one of the reviewers requested that the number of participants in the study be increased to at least 110 in order to satisfy requirements for multiple regression analysis. I was able to collect data from the same first-year course that participated in the previous year’s study so I had two years of data from two classes of about 60 first-year students. However, the data collection and analysis took some time and I wasn’t able to resubmit the manuscript and associated documents (cover letter etc.) until September 23, 2019; about four months after getting the reviewers’ comments.

I received the second round of reviewer comments on February 16th, 2020 after about five months had passed. A number of changes to the manuscript were again requested but I could resubmit the revised manuscript in about two months (May 13, 2020). In early July I sent an email to the editor to ask about the status of the paper. We didn’t receive the third round of reviewer comments until about September. However, by this point the manuscript had few revisions that needed to be made. Based on the reviewer’s comments, I suspect that one or both the people reviewing our article had changed at some point during the review process but I was not informed by the editor of any changes to the review team. There was a final proofreading stage in which we could check for mistakes and make small changes to the final format of the article. The article was finally published toward the end of December 2020. Getting the article in press certainly took much longer than I thought it would.

For us researchers trying to get published in major journals, I would recommend first that keeping detailed records is important. Getting a research article published is a long process, taking at least a year I’d guess, and it is easy to forget various details along the way. Organizing our folders and files with clear names and dates is helpful. Now, I assume that I’ll forget almost everything (I will eventually!) and I try to remember to add detailed notes to the top of my research-related documents to help me remember their contents. I’d also suggest trying to model your manuscript based on articles that are already published in a particular journal. Making sure your research fits with the interests of the journal also seems to be important.

I’ve heard that although replication studies are generally acknowledged to be important to do, not many researchers attempt them. Reproducing an important study in the Japanese context could be a shortcut to getting published as the fundamental aspects of the study, such as the design and correct statistical analyses, are already established. A quick Google scholar search brought up two that might be informative (listed at the end). Finally, I think not getting discouraged by critical feedback and staying persistent is important. If one journal rejects our article, we can always try another and another until someone takes it. I hope to take my own advice here by keeping good records and being organized, modelling my research on high-quality published articles, attempting replication studies and being persistent. I hope this brief record of my experience publishing a research article in an international journal was helpful and please feel free to contact me by email (k-langeあっとu-shimane.ac.jp). Good luck to us!

Webb, S. (2016). Learning vocabulary through meaning-focused input: Replication of Elley (1989) and Liu & Nation (1985). Language Teaching49(1), 129-140.

Schmitt, N., Cobb, T., Horst, M., & Schmitt, D. (2017). How much vocabulary is needed to use English? Replication of van Zeeland & Schmitt (2012), Nation (2006) and Cobb (2007). Language Teaching50(2), 212-226.    


教英では、このように最先端の研究を行っている院生がたくさん在籍しています。みなさんも一緒に英語教育に関する新しい知を生み出してみませんか。

修士課程の大学院入試は9月と2月に、博士課程の入試は2月にあります。みなさんと一緒に研究できることをスタッフ・在学生一同楽しみにしています!




2021/06/04

大学院生の論文が『中国地区英語教育学会研究紀要』に掲載されました

 今年の3月に大学院博士課程前期(修士課程)を修了した中原瑞公さんの論文が『中国地区英語教育学会研究紀要』という学術誌に掲載されました。この学術誌には査読があるのですが、見事そのプロセスを突破し、掲載されることとなりました。教員としてはとてもうれしい限りです。大学院で行った研究成果を整理した論文になります。この度、著者の中原さんに記事を書いてもらいました。

 

20213月に博士前期課程を修了しました中原瑞公です。学部から博士前期まで6年間、「教英」で学びました。在学中は大変お世話になりました。

さて、この度、『中国地区英語教育学会誌』に「英語教育における『異文化理解』の語られ方を問い直す」と題する学術論文が掲載されることになりました。この論文では、エドワード・サイードの主著『オリエンタリズム』を引用しながら、「自文化/異文化」という二項対立が孕む問題を「批判的」に論じています。「異文化理解」の授業の方法や内容を扱うものではなく、「異文化理解」にまつわる「当たり前を問う」ことをめざした論文です。次は、続編として、英語教育における「異文化理解」言説において頻出する「多様性」や「寛容」などのことばに焦点を当て、その問題点を考察する論文を書こうと考えています。

修士論文プラスαで成果を残すことができ、嬉しく思います。博士前期で学んでいる(学ぶことを考えている)皆様も、そのすぐれた研究を、ぜひ学外に向けて積極的に発信していってください。「若い力」を発揮して、共に英語教育研究をよりよいものにしていきましょう。

中原 瑞公


中原さんは現在高校で教員をされていますが、研究活動も精力的に継続されています。今年の35日には、第7回言語文化教育研究学会で、『批判性を育むための英語教育―消滅危機言語問題をテーマに問いを立てることを通して―』というタイトルで研究発表をされていますし、626日に行われる中国地区英語教育学会でも『批判的視点から「異文化理解」を捉え直す』というタイトルで研究発表をされる予定です。

教英では、英語教育に関する自分自身の問題意識に応じて自由に研究テーマを選ぶことができます。王道の研究テーマから挑戦的テーマ、さらにはマニアックな研究テーマ、いずれも大歓迎です。教英で一緒に英語教育に関して追究してみませんか。研究をサポートする指導体制は整っていますし、研究で使用するリソースも豊富に整備されています。ですので、安心してのびのびと自分の研究に没頭することができます!

博士課程前期(修士課程)の入学試験は9月と2月に、博士課程後期(博士課程)の入学試験は2月に行われます。みなさんと一緒に英語教育について多角的な観点から研究できることを教員、在学生一同楽しみに待っています!

 


 

2021/05/28

教英の演習室に電子黒板が入りました

 現在、多くの学校現場で普及しつつある電子黒板が教英の演習室にも入りました。イメージとしては、プロジェクターのついたホワイトボードといった感じで、パソコンをそのプロジェクターにつないで使います。専用ペンを使ってホワイトボード上でPCが操作でき、書き込んだり、それを保存したりすることもできます。



これからの英語教員は、電子黒板を使った授業スキルが求められます。学生のみなさんは、ぜひこの電子黒板を使って、ICTを使った新しい形の授業を練習してもらえたらと思います!

 

2021/05/14

博士課程後期を終えて

 昨年度末で教英の博士課程後期を修了し、『日本人英語学習者を対象とした語用論的知識測定法の開発:電子メールにおける「依頼」発話行為に着目して』という論文で博士号を取得された梅木璃子さんに記事を寄せてもらいました。以下は、梅木さんに寄せてもらった記事です。


今回この3年間の博士課程を振り返ると,まだ整理しきれていない部分もありますが,この経験を通して,主に「視野を狭めること」,また「視野を広げること」の大切さをより学ぶことができたと感じています。これらは修士課程を修了した際も感じていたことですが,博士課程を終えた今考えてみると,どれだけ大切なことかがより理解できているように思います。

「視野を狭めること」は,博士課程において何かを深く追求することの過程であると捉え,私は博士課程を過ごしました。修士課程に比べて博士課程における研究は,より細かい部分に焦点を当てなければいけないため,何かを深く追求していけばいく程,自分がいかに無知であるかに気付かされます。このように,自分が知らないことに真剣に向き合い続けることは簡単なことではなく時に孤独にも感じましたが,「視野を狭めること」に出来る限り向き合ったことで,博士論文という大きな研究に一貫性を持たせることができたのではないかと感じています。

また,「視野を広げること」について,博士論文では「視野を狭めること」が多くなるからこそ,積極的に視野を広げるための機会を持つよう意識しました。視野を広げるために,周りの多くの方々からご助言等いただきました。そのように視野を広げるよう心掛けたらからこそ,俯瞰的に自身の論理展開の妥当性を確認することができたと感じています。例えば,視野を狭めるあまり,執筆してみると読み手にとって解釈し難くなってしまうことが多々ありましたが,多角的な視点から意見をいただくことで文章の推敲を深めることができました。

こうして書き出してみると,ありきたりな内容になってしまいましたが,視野を狭めたり視野を広げたりすることは,何かを追求することや何かについて深く考えることにおいて,非常に重要であると再認識することができました。こうして,何とか博士課程を無事に終えることができましたが,今後ともより深く何かを追求し,より深く考えるために,視野を狭め広げ続けて,研究活動に励みたいと思います。


博士号の取得おめでとうございます!本コースで多くのことを学ばれたとのこと、大変うれしい限りです。今後も英語教育研究に邁進してもらえたらと思います!

博士課程後期の入学試験は2月に実施されています。教英で一緒に英語教育について追求してみませんか。教員スタッフは全力でみなさんの研究をサポートいたします!みなさんと一緒に研究できることを楽しみにしています。


2021/05/07

新入生ガイダンス行事で平和記念公園を訪れました

教英では、例年4月にFWT(Freshman Welcome Tour)と呼ばれる新入生ガイダンス行事が行われています。そして、その中で平和記念公園を訪れて平和学習を行うことが恒例となっています。今年度、引率役を務めて下さった樫葉みつ子先生から、その時の様子の記事を寄稿いただきました。とても貴重な学びの機会になったようで、うれしい限りです。


新入生ガイダンス行事が2年ぶりに実施されることになり,その一環で,1年生と引率役の3年生数名は,4月下旬の日曜日に広島市内の平和記念公園を訪れました。新型コロナの影響で人出がめっきり減っている公園内では,広島平和記念資料館やモニュメントをじっくりと見て回ることができました。改めて知った原爆の実相と,春の緑と光あふれる公園の景色とは余りにも対照的で,初めて訪れた新入生だけでなく,だれしもが,これからの未来に思いを馳せずにいられなかったことでしょう。英語教育を広島大学で学ぶことの意義を考える貴重な一日になったものと思います。





2021/04/22

1年生、元気に授業を受けています!

 水曜日の午前は、今タームの1年生生活の中心である教養ゼミという授業が行われています。これから4年間でどういうことを学んでいく必要があるのか、有意義な大学生活を送るためにどのようなことを考えていく必要があるのか、など、教英生活を送る上で大切なことを毎週学んでいます。

 

今回は、管理人が語学面でどのようなことを学ぶ必要があるのかということをお話しました。4年間で行うべき学びのビジョンを少しでもイメージしてもらえることができたらと思います。

 

みなさんとても元気に教英生活をスタートできている姿が見れて、とても安心しました。以下はその時の様子です。(カメラのスペースの関係で、最前列の両端のみなさんは画面から切れてしまいました。。。。すみません!)

 

1年生、みんな元気です!学年間でもだいぶなじんできたみたいです!



2021/04/16

オンラインレクリエーションが開催されました

 今年の新入生は、大学生活を送る上で、オンライン会議ツールの使い方にもなじんでおく必要があります。今回、教英3年生が中心となって、学生交流とレクリエーションを兼ねて、新入生がオンラインツールになじむための企画を行ってくれました。この企画を中心に進めてくれたT君に写真と記事を寄稿してもらいました。

 

 

 ※※※※※

47日の14:00からzoomでオンラインオリエンテーションが開催されました。新入生のチューターである松浦先生のご挨拶から式が始まり、新入生の挨拶では、出身地や趣味などをみんなに話していただきました。また式の後半では、3学年混同で少人数のグループに分かれてオンラインゲームを楽しみました。新入生のみんなは緊張しながらも笑顔で楽しんでくれていたようです。

 

今回の企画を機に、学年を超えた教英の親睦が深められることを期待しております。

 

下の画像は各グループでゲームを楽しんでいる写真と、オンラインオリエンテーション最後に撮った記念写真です。





※※※※※



写真にはぼかしをかけていますのでわかりづらいかと思いますが、笑顔いっぱいの新入生があふれています。すばらしい教英生活のスタートを切ってくれたのではないかと思います。教員としてもうれしい限りです。これからも、感染対策を取りつつ、教英のいろいろな人たちと交流し、大学生活を楽しんでもらいたいと思います。

 

教英、とても楽しいところですよ!高校生のみなさん、一緒に教英で学びませんか。楽しい先輩がみなさんを待っています!


博士課程所属の学生の論文が国際誌に掲載されました

現在博士課程に在学中のKriss Langeさんの共著論文が、 Studies in Second Language Learning and Teaching ( SSLLT )に掲載されました。Krissさんは、 International Review of Applie...